sharing economy

会話が生まれる交通手段。ライドシェアで安く楽しく旅をしよう。のってこ!

<スポンサーリンク>

前からずっと気になっていたライドシェア。やっと試してきました。

学生時代からヒッチハイク、高速バスや自家用、車、自転車などなど、旅行のスタイルに合わせていろんな交通手段を使い分けてきた僕が、ライドシェアのオススメの使い方についてシェアします!

ライドシェアは次世代の交通手段

 

次世代の交通手段として注目を集めるライドシェア。

日本ではあまり見かけませんが、乗り合いタクシーを想像してもらえばオッケーです。東南アジアでバックパッカーしているときはよくお世話になったなぁ。

ウェブ辞典によると、ライドシェアとは、

自動車を相乗りすること。ライドシェアリングとも呼ばれる。

空いている座席を活用し、他者とガソリン代などを負担し合うことで交通費が節約できるため、欧米では安価な交通手段として広く浸透している。

インターネットの発達に伴って事業化が進み、相乗り相手の仲介を行うサイトやスマートフォンアプリ、自家用車を利用した有料サービスなども普及している。

CO2削減や交通環境改善の観点からも注目を集めており、行政でライドシェアを推奨している国もある。

引用元 コトバンク

となってます。

日本では、白タク(自家用車が有料で客を乗せること)が禁止されているため、アメリカのubar(ウーバー)のようにライドシェア業界は急速な発展は見せていませんが、間違いなく今後広がっていくサービスの一つなことは間違いありません。

【ハイシャル】廃車のような車が驚きの価格で売れます。 >>詳しくはコチラ

会話のある移動が一番おもしろい。

 

今回、僕が乗ったライドシェアの車内は会話があってめちゃくちゃ面白かったです。

そういえば、僕の学生時代の主な交通手段はヒッチハイクでした。

多分、計100台以上は乗ってるんじゃないかな。

なんでそんなにヒッチハイクにはまったかというと、

なんといっても、ヒッチハイクの醍醐味である人との出会いが楽しかったから。

ヒッチハイクでは全てが、「乗せてください!」「はじめまして!」からはじまります。

その中で、それまで全く関わりのなかった人に出会って、乗せてもらって、話をする。いろんな人の人生の一部に触れて、会話をすることが何より楽しかったです。

そういう意味で、ヒッチハイクは最高の手段です。

でも、時間に制約(いつまでにここについていなきゃいけない。など)がある時には向いていません。

安くて便利な高速バスという手段も移動だけ、をとるなら便利かもしれないですが、会話はないので全く面白くない。

やっぱり折角、遠出するなら会話のある移動がいい。道中も楽しみながら行きたい!

そんな人にはライドシェア、非常にオススメです。

ライドシェア(notteco)の使い方

 

そんなライドシェアですが、現在、サービスを提供している会社が増えてきています。

長距離ライドシェアサービス。notteco

今回僕が利用したのは、notteco(のってこ!)というサービス。

長距離ライドシェア(相乗り) – notteco(のってこ!)

“行ってみたい”を叶える “行きたい”と出会える 移動をもっと楽しく、車で冒険しよう

主に長距離移動が使いやすい仕様になっています。

個人認証プログラムとしてフェイスブックと連動しており、ログインもフェイスブックから可能です。

ログインするとこんな画面が出てきます。

非常にシンプルかつUIに富んでいて、まるで高速バスを予約するかのような感覚で車を探すことができます。

登録便数は442(2018.10.30現在)

これを打っている時点での登録便数は442便。

個人的な感想としては結構増えたな!って思います。僕が多分2年前くらいに見たときは全然便数がなかったので、そういう意味で確実に知名度が増してきてますね。

登録されている便はだいたい直近の1ヶ月間の便が多く、一番多いのはやっぱり直近1週間の便です。

さらに、nottecoでは『誰か乗せて!』というボタンが用意されいるので、自分が欲しい便をプラットフォーム上にリクエストすることもできます。

リクエストが答えられるかどうかはわかりませんが、利用者が多い交通路であれば答えられることも多々あるそうです。

あくまでも個人の車に乗っけてもらうだけ

ライドシェアはちょっと効率よくヒッチハイクしたい人には完璧なサービスですが、お金を払って乗車サービスを受けるという感覚でいる人にとっては少し違和感があるシステムかもしれません。

でも、乗るのはあくまでも個人の車であることをお忘れないように。

一見、乗車サービスであるかのような装いにも見えてしまうくらい綺麗で見やすいサイトですが、それでも空席を効率よく活用するためのマッチングサービスであることに変わりありません。

メルカリのように、自分で空席にコンタクトをして、メッセージでやりとりをして、そうして、待ち合わせ場所で初対面。

車内で快適に過ごすために必要なものはできるだけ自分で用意しましょう。

ちなみに夜行で移動する時は、アイマスクやブランケット、ネックピローを持参するのがオススメです。(普通の車の車内はバスより冷えます・・)

旅をするように、環境にも良い、そんなドライブをしよう。

 

僕が思う究極的にエコで、シェアリングに満ちた交通網というのは、やっぱり、ヒッチハイクが気軽にできて、みんな積極的に拾ってくれる交通網です。

人と人が出会うことで会話が生まれ、新しい関係性が生まれ、それが大きな学びになってくる。僕は自分のヒッチハイク経験を経て強くそう思います。

「そんなに善意で人は動いてないよ」「やっぱり身知らずの人に乗せてもらうのは危ないんじゃないか」そんな心配があるかもしれません。

だから、まずはライドシェアという形で練習したらいいんじゃないでしょうか。

nottecoを使って運転するドライバーは運転免許を登録していますし、運転回数やレビューも確認することができます。

旅するように、新しい人と出会う。シェアすることで、環境への負荷を減らす。

そんなドライブがもっと増えたら楽しくなってきますね。

p.s リゾートバイトの場所までライドシェアして、交通費分を節約するなんて方法もありですね。

リゾート地で働くならリゾートバイト.com!時給は業界No.1!!!

リゾートバイトならリゾバ.com