プロフィール:「旅とてしごと」移動式の暮らしのために必要なこと

 

はじめまして。高野翔悟です。

本サイトを訪れていただき、ありがとうございます。

このサイトでは、八百屋見習いの僕が日々感じたことや、働きかた、未来の生き方などについて発信していくブログです。

旅は人を学ばせる

僕は大学在学中からバックパックでの旅やアウトドアの経験を多くしてきました。また、国内外の旅を通して、様々な文化背景を持った人々が多様な暮らしをしている現実を見てきました。

全ての人間のライフスタイルは、その人間を取り巻く文化や周囲の自然環境に影響を受けた土着の暮らしそのものです。

ある人はモバイルハウスという手作りの移動式の家に住んでいます。ある人は自作に船で日本の海を旅しながら生活しています。

海外に目を転じれば路上でもたくましく生きるインドのターリーたち。ヒッチハイクしたら観光バスが止まってくれるおおらかさのあるニュージーランド。美しき愛の町、パリ。好奇心に目を輝かせて質問を浴びせてくるウイグルの列車であった若者たち。そんな様々な街や人々の姿が瞼の裏に浮かんできます。

そんな様々な生き方、暮らしをしている人々がこの世界に生きています。

僕たちは旅をして、彼らと出会います。そしてその生き方や暮らし方を学び、自然と、その場所の文化や自然環境について学んでいるのです。

手しごと=人と何かを共有する行為

このブログのタイトルを「旅とてしごと」とつけました。

僕が一番学びを得られるのが「旅」です。そして、そこで学んだことを誰かに共有すること、それが「てしごと」です。

「てしごと」にはとても強い力があります。「てしごと」は自分自身の表現そのものであり、同時に、他の人とその表現を共有するという想いがこもった行為でもあります。

「てしごと」には大きな設備投資も、巨大な資本もいりません。

ごく簡単な針と糸さえあれば服は編むことができるのです。

インド独立の父であるマハトマ・ガンディーが行なったように、ひたすら歩き、そして海水から塩を作るということ、それも「てしごと」です。

この世の中には人の数だけ「てしごと」があると言っていいでしょう。

多くの人にとって、普段やっている仕事はそのまま「てしごと」になるでしょう。

「旅とてしごと」には二つの意味を含めました。

「旅」と「てしごと」という意味。

そして、

「旅」+とて+「しごと」というもう一つの意味です。

ここには、旅をすることがそのまましごとになるようなそんなライフスタイルを模索したい、という僕の思いを込めています。

VAN LIFE.自由な暮らしのために必要な情報

今、暮らし方は多様化していて、様々な暮らしが可能になってきました。

しかし、それでもまだ、経済的な自由と時間的な自由を手にしている人は多いとは言えません。自由な暮らし、移動式の暮らしをしていくために必要な情報はまだまだ足りていないと感じています。

VAN LIFEを実際にやってみるとしてその障害要素や必要な情報を書き出してみました。

・お金(不労所得や資産はあるのか)

・車(移動手段はあるか)

・仕事(自らのアウトプットのスキルとフィールドの確保してあるか)

・パートナー(一緒に旅をしてくれる人はいるか)

・教育(子供が生まれたらどうしよう)

・健康・医療(健康を維持する、病気になったらどうする)

・メンタル(覚悟の決め方、様々な環境への適応能力)

・技術(車のメンテナンスや故障箇所の修理、生活用品の揃え方)

・食事(安心できて、美味しいものを食べられるか)

・環境(自然環境の変化、治安、言語、文化などの違いに対応する)

他にももっとありそうですが、ざっくりと思いついたのはこんな感じ。

一つと言わず、幾つもの障害要素に心辺りがあります。

これら一つ一つに対してたくさんの回答を見つけてアーカイブしていくこと。それがこのブログで取り組んでいくことです。

このブログは僕にとっての「てしごと」にしていきます。この「てしごと」の成果を誰かと共有することができたら幸いです。

プロフィール

平日は八百屋。休日は焚き火を使った場作りや杉玉の制作・ワークショップを開催しています。

1993年アメリカ、カリフォルニア州のサンフランシスコ生まれ。

ドイツ発祥のオルタナティブ教育である東京シュタイナーシューレ(現・シュタイナー学園)に入学し、教科書もテストもない学校で、感性豊かにのびのびと育ちました。

東京外国語大学に入学後は文化人類学の学問とならんで農業・社会運動・旅・ものづくり、執筆活動などに取り組んでいました。

人生のモットーは”人間性と動物性が共存する社会”

頭や理性で考えるだけでなく、自分の身体が感じるままにのんびりと生きるというスタイルがより身近になれば、個人にとってよりよい人生や社会になっていくのではないかと考えて日々をすごしています。

読んでくださる皆さんの気軽なコメントなどもあればとっても嬉しいです!

どうぞ、よろしくお願いします♪

SNSはこちら

日々の出来事などはSNSでも発信しています。ぜひ、気軽にフォローしてください。

Facebookはこちら