LIFESTYLE

カナダで大麻合法化!ダメ・ゼッタイの思考停止から抜けられない日本のメディア

<スポンサーリンク>

 

カナダで1世紀ぶりに大麻が解禁した。

先進国初!カナダが大麻を合法化したワケ

トロント/セント・ジョンズ(加ニューファンドランド・ラブラドール州) 17日 ロイター] – カナダは17日、嗜好品としてのマリファナ(大麻)の所持・使用を合法化した。先進国としては初めてとなる。ただ連邦政府のほか多くの州政府は慎重な姿勢をとっており、大麻入り食品などの解禁は1年先としたほか、大麻の供給体制も厳格に管理。カナダ最大の都市トロントのほか、バンクーバーでは大麻小売店はまだ開店していない。(ロイター)

記事全文はこちら

引用元 東洋経済オンライン

たまたま、チャンネルを回していたらこのニュースの特集をやっていて、ちょっとびっくりした。アメリカの一部の州で合法化が進んでいるというのは知っていたのですが、国として合法化というのはなかなか思い切りましたね。

少し調べてみると、2017年にウルグアイが国として合法化したのに続いて、国としては二カ国めになるようです。

先進国としては初ということもあってニュースサイトでも結構取り上げられています。

カナダで大麻解禁、先進国初 ⇒ 外務省は邦人に注意喚起「手を出さないで」(ハフポスト)

思考停止している日本のメディア

僕はこのニュースを最初にテレビで見たのですが、その報道内容の薄っぺらさに驚きました。

先進国初の大麻解禁ということで注目が集まっているトピックでありながら、深掘りしてあったのはカナダで大麻解禁になった流れ、それに在カナダ邦人また旅行客の大麻利用は禁止されていますよ、ということだけ。

盛んに、「ダメ。ゼッタイ。」の標語を持ち出すコメンテーターたち。

もうちょっと掘り下げて報道しようよ日本のメディア・・

それじゃ思考停止じゃないか。

なぜ、在カナダ邦人すら大麻利用できないのか

外務省が、10月頭に出しているお知らせによれば、

一方、日本では大麻取締法において、大麻の所持・譲受(購入を含む)等については違法とされ、処罰の対象となっています。

この規定は日本国内のみならず、海外において行われた場合であっても適用されることがあります。

とありました。

もう少し詳しくは法律上の話になるので、リンクも貼っておきます。

実際に海外での利用を証明する物証がないので立証することは難しく、処罰されたケースもないということですが、法律上は違法な行為であることは間違いないようです。

薬物について議論をすること

でも僕が問題だと思っているのは、日本では薬物に対してのほとんど議論が全くなされていないという現状です。

その元凶に、誰しも必ず一度は見たことのあるあの標語、

ダメ。ゼッタイ。

の影響があることは間違いありません。

「ダメ。ゼッタイ。」は薬物を禁止する強い意思表示であり、それにより、誘惑を抑えられた人もいるでしょうし、それ自体に罪はないです。

しかし、この標語が薬物について語ること、知識をつけることそのものを阻害している要因になっているのも事実です。

例えば、一体どれだけの人が、麻薬、薬物、薬、アルコール、覚せい剤、大麻などの違いを知っているのでしょうか。

その危険性などを判断するために、知識をつけ、議論をしておくことは自己防御のためにも、友人を危険から遠ざけるためにも必要です。

正当な真っ当な知識があれば、薬物を乱用する危険は確実に抑えられます。若者は、知らないものに興味があります。やりたがるのです。だから、ダメ・ゼッタイの根拠となる理由をしっかりと生理学的に学ぶ必要があるのです。

ちょっと脱線しますが、メキシコインディオの原住民やアマゾン水系に住む部族たちが儀礼などで用いる幻覚を引き起こす植物などは、科学的には薬物かもしれませんが、彼らの文化生活の中では欠かせないものです。

そういったトランス状態を引き起こす作用がある薬物が様々な文化的な側面によって捉え方が変わるということも、考え方の念頭におくべきでしょう。

ダメ。ゼッタイ。からの脱却

そういった点も踏まえて、もう一回、今回のカナダの大麻合法化のニュースを考えて見たいと思います。

カナダで大麻は合法化した最大の理由は、首相が選挙公約として掲げて当選したから。

主に、犯罪組織への資金源を断絶し、非合法で使用されていた大麻の栽培、流通、販売を規制下に置くことが目的だといいます。

時代の変化を受けて、法律は変わっていくもの。

例えば昔、アメリカで禁酒法があった時代がありました。

今で信じられないことかもしれませんが、確かに1919年に連邦議会によって決定されたのです。マフィアの資金源の温床になったということで悪名高い法律でした。

現状、日本では大麻の所持は禁止されています。だからこそ、今、しっかりとした報道によって知識を得て、議論を重ねていくことが必要なのではないでしょうか。

議論することは、ダメ。ゼッタイ。ではないのですから。